専門知識が必要な給湯器の水漏れの修理

家庭内にある水を使う設備のうち、劣化が進んだことで水漏れを起こす可能性が高いのが給湯器です。素人では簡単に修理ができない場所でもあり、専門知識が必要になってきます。給湯機本体の交換といったことも視野に入れておく必要があるでしょう。

■給湯器からの水漏れ

給湯器を見てみると、周りが水浸しになっていることがあります。屋外の目につきにくい場所に設置されている場合が多です。常に見ている場所ではないので、
時間がたってから発見されるケースも少なくありません。給湯器の下部から漏れていることが多くなりますが、パッキンなどの劣化や緩みが原因となってきます。さまざまな弁も取り付けられていることから、細かく追及していく必要があります。

■まずは止水栓を止める

給湯器の水漏れは、本体に問題があることが多く、簡単に原因の追求ができません。まずは止水栓を締めて様子を見ることが必要です。時間をあけてから流してみた時に止まっているというのであれば、水量の問題でしょう。止まらないようであれば、本体に原因があることは確実です。



■まとめ
給湯器の場合、いろいろと原因が考えられます。しかし、本体は複雑な構造になってきます。水圧の問題もあり、素人で修理するのは難しいでしょう。修理をしたくても、パーツの生産が終了しているようなこともあるため、まずは相談してみることが必要です。修理ができず、本体の交換で対応するといったことも考えておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ