キッチンの水漏れの修理の前に

家庭内の水回りの中で、静かに水漏れが起きていたりするのがキッチンです。水道の蛇口からの水漏れが一番多くみられますが、自分で直せるだろうかと、考えてしまう場所です。パッキンを交換するような修理ひとつでも、しっかりと直さなければ、さらに原因が拡大してしまうことも出てくるからです。

■外に設置されている元栓

台所で水漏れが起きてしまったときには、まずは止水栓か元栓を閉めます。これが最も先におこなわなければいけないことで、焦ってしまって大参事になる前に元からとめてしまえば修理も考えられるようになるでしょう。
元栓からとめてしまえば、確実に水は止まります。家の中のすべてが止まってしまいますが、確実な方法でしょう。メーターがわかればすぐ横にあります。

■シンクの下にある止水栓

水漏れの箇所だけとめる方法としては、止水栓を締める方法があるでしょう。ほとんどの家庭では、シンク下に設置されています。単純にハンドルが取り付けられており、締めるだけで済む場合と、ドライバーを使って締める方法がありますので、まずは状況を確認しなければいけません。
止水栓はどうしても錆びてしまうこともあるため、閉まらないことも出てきます。無理に締めると破損の原因となってくるため、その時には元栓を閉めてしまいましょう。

■まとめ
台所の水漏れは、焦らずに対応をすることが重要です。水を元からとめてしまえば水は止まります。普段から元栓や止水栓の位置を確認しておくとともに、締め方も調べておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ